トップページ当校の概要看護学科のご案内募集要項のご請求お問合せ

当校の概要:学校長挨拶

当校の概要
学校長あいさつ
教育目的・目標
沿革
学校行事
施設
お問合せ

学校長挨拶


ようこそ那覇看護専門学校へ! 学校長 久志篤子


 那覇看護専門学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 本校は、沖縄県の空の玄関、那覇空港や日本最南端・最西端の沖縄自動車道の豊見城インターチェンジから名嘉地インターチェンジに向けてトンネルを抜けると、豊見城市の緑と海を一望できるルート331号線を南下した地域に位置します。

               昭和47年(1972年)に那覇市東町に設立され、平成5年(1993年)に豊見城市に新築移転し、時代のニーズに合わせ、幾多の変遷を経て現在までに6378名の卒業生を社会に送り出しています。本校出身の看護職者は県内外の医療、保健、教育など広範な分野で活躍しています。

 本校の正門を入ると同窓生から寄贈された記念碑が目に飛び込んできます。その記念碑には「感謝」という漢字の中に「すべての人々へこころをこめて」という想いが込められたメッセージが漢字の中に刻まれています。この想いは、同窓生の皆さんが本校で学び、多くの人々と出会い培った人間力の賜物であると考えます。

 今、社会は“人間性豊かな質の高い看護師”を求めています。命にかかわる専門職の看護師を育成する本校は「看護職に必要な人間への深い関心を示す豊かな感性と幅広い教養を育て、人々の健康生活を支援し、社会に貢献できる看護実践者を育成する。その教育は学習者の主体性を大切に学習者と教師が共に学問を探求し築かれる」という教育理念のもと、経験豊富な教員と臨床現場で活躍されている看護師の支援によるシミュレーション学習や、学生が主体的に学ぶアクティブラーニング、協働学習など経験型学習を重視し看護を学べる環境を整えています。

 看護師は、人とふれあうことにより優しさと人間性を培い、高め、社会に貢献できるやりがいのある魅力ある専門職業です。その専門職業のキャリアデザインを描くとき3つの「C」があると言われています。1つめの「C」は「chance:チャンス」運命的な出会い、機会をあなたらしく活かすこと。2つめの「C」は「change:チェンジ」あなたの強みを生かすための変化を恐れないこと。3つめの「C」は「challenge;チャレンジ」で何事にも積極的に挑戦することです。

 主体的に看護を学ぶという意思を持ち、看護のこころを持った看護実践者となることを希望する皆さん!
 夢の扉を開くこの3つの「C」を心に刻み看護をぜひ一緒に学んでいきませんか。
 皆さんのご入学を心よりお待ちしています。

          



那覇市医師会 那覇看護専門学校
〒901-0222 沖縄県豊見城市渡橋名289番地23
代表(事務局) TEL:098-850-8050

Copyright c 2005-2014 Naha Nursing School. All Rights Reserved.