那覇看護専門学校
トップページ当校の概要看護学科のご案内募集要項のご請求お問合せ

教員

看護学科のご案内
入学希望者に向けて
カリキュラム
教員
卒業後の進路
入試情報
お問合せ

教員


分野

担当教科
担当教員名

特記事項
専門分野

<基礎看護学>
久志篤子
根本由佳
大城  直
浦添美和
伊佐江利菜

 本科目では、看護学に関する主要概念を理解し、各看護学の基礎となる知識、技術、態度を学びます。講義では常に生活者をイメージしながら展開します。看護専門職としての基礎的能力を学ぶために看護理論や実践的理論、アプローチ手法等も教授し、科学的に健康課題に対応できるように教授します。科目構成としてはヾ霑担埜邀忰機奮祇癲β仂檗μ榲・看護論)基礎看護学供粉靄楜蚕僉生活課程を整える技術・看護過程)4霑担埜邀忰掘蔑彎牡埜鄙輜澄豊ご霑担埜邀忰検粉埜邯Φ罅砲吠かれます。本科目では看護技術の構造を明らかにし、看護を実践する為の基盤となる基本技術を修得します。さらに、日常生活の支援技術と診療に伴なう支援技術を習得し、看護の役割と意義を深めます。また、健康障がいのある対象とその家族への支援のために、各健康段階別看護についてアセスメントから支援の方法まで学び、その反応に対応する看護及び主な治療処置時の支援技術について教授します。また、研究の概念や研究の種類・方法、研究者の倫理など研究について理解を深めます。事例研究については方法論まで掘り下げて学習し、習得をめざします。実習に関しては、看護の考えが拡大していけることを意図し、校内実習から、直接実習指導者が来校し教員と一緒に指導します。実習では、患者さんの人間性に触れ、学びや感動することも沢山あります。共に看護について学んで行きましょう。
専門分野

<成人看護学>
照喜名則子
田場桂子 
桃原隼人 
岩渕恵美子 

 成人期にある人は家庭や地域・職場において中心的な役割を担う存在です。だからこそ、自分の健康と向き合い、健やかな老年期をむかえることができるよう支援する必要があります。講義・校内実習では、当事者による講話、認定看護師による臨床に近づけた自己血糖測定やインスリン自己注射の模擬体験、フットケア、救急救命処置(一次救命・二次救命)、心臓リハビリテーション、人工肛門のケア、手術後の離床に向けた支援などの体験を重視して構築しました。また、フィールドワークで事業所見学を通して成人期にある人々を理解する主体的学習も行っています。
 臨地実習では、健康段階に応じた対象の健康課題への支援を実践して学べるように病棟実習の他、健診センター・透析室・手術室・外来・地域医療室の見学実習等も組み入れました。そして、対象が自己の健康と向き合い、セルフケア能力を高めることができるよう他の専門職種と協働して、幅広く学べるようにしています。

<老年看護学>
蔵下園子 
久場智秋 
上原あすか
小渡美和

 本科目は、老年期にある対象者とその家族に焦点を当てた看護領域です。
 高齢者の健康増進、疾病の予防、疾病や障害をもちながらも日常生活に適応できるよう、また、人生の最期までその人らしい生活を過ごせるよう支援することが重要だと考えます。
 高齢者のQOLの向上をめざした看護が展開できる基礎的能力の習得を目指して々睥霄圓伐搬欧鯀澗療に理解する。∀群修砲茲觸機能の低下をふまえて健康な生活を送るための日常生活支援技術の習得ができる。疾病や障害をもちながらも生活に適応できるよう支援する技術を学ぶ。す睥霄圓鮖戮┐詈欸髻Π緡邸κ〇秬度と他職種の役割を理解し、協働するとともに、看護の役割を理解することを主軸に教授します。
 臨地実習は、看護の場の拡大を体験できるよう福祉施設、介護保健施設、医療施設で行います。老人福祉センターでは、豊かな老後に向けて健康や生きがいづくりを実践している高齢者のエンパワメントを理解できるよう、また、看護・介護の必要な高齢者のケアを介護老人保健施設で学びます。そして、健康障害をもつ高齢者の看護を臨床の場で学び、健康段階別に学習できるよう構築しています。

<小児看護学>
惠 和枝
當野香織
仲地ひとみ
 小児看護学は子どもを生命発生から二次的性徴が終わるまでの時期としてとらえ、各発達段階のニーズに応じた看護を支援する科目です。子どもは成長発達する特徴があり、その成長発達をふまえた看護の方法を学んでいきます。また子どもの成長発達には、母親や家族の関わりやそれを取り巻く社会環境と密接に関わってきます。現代社会の状況や課題をとらえ、小児看護の役割について学習していきます。講義、校内実習、臨地実習を通して小児看護の支援方法の実際を特徴として、子どもへの関わり方や乳幼児の離乳食実習の実際、保育所実習、学童期の学校保健、児童福祉施設の臨地実習等をカリキュラムに組み込んでいます。学習を通して子ども理解を深めていきましょう。
<母性看護学>
平識悦子 
金城真理子
外間ゆりえ
 母性看護学は、広くは、あらゆる発達段階にいる女性とその家族支援を学ぶ学問です。
その中から、成熟期にある女性の妊娠・分娩・産褥・新生児における支援は、更に深く学ぶことができます。
学生は、『生命誕生への畏敬の念』『男性・女性互いの性を尊ぶ姿勢』更に『家族の伝承』の学びを通し、自己の成長課題を知り、母性観・父性観を発展させることを教科のねらいとしています。
 カリキュラムの構成としては、多様化する女性の特性を身体的、精神的、社会的背景から理解し学習します。また、女性のライフサイクルを通した健康の維持・増進、疾病予防について学習を深めていきます。更に、リプロダクティブヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利)の概念の視点から、母性の役割と健全な次世代の育成に向けて、女性とその家族への支援について教授していきます。
 夏休みのフィールドワーク、ママになる疑似体験、赤ちゃんモデルの沐浴など、自己の興味を持った課題への探求や身体を使っての体験学習も多く網羅しています。楽しみながら・考え悩みながらも、学生・教員共に学びあい、協力しあい、成長していきましょう!!
<精神看護学>
比嘉良弘
玉城律子
大城かおり
 精神看護学は、あらゆる人々のこころの健康の保持・増進、そして心のバランスをくずした人、及びその家族に対する支援の方法について学んでいく科目です。その中では、こころについて理解を深めるために、精神(こころ)の機能や構造、こころの成長・発達に影響する生活環境などについて学びます。さらに精神に障がいをもった人々の理解を深め、精神状態に影響を受けた個人の生活行動、および人間関係に焦点を置き、その方々への支援について学びます。また、関わり手である看護者自身の看護実践時の対人関係構築技術を見つめ直し、適切な支援方法について学びます。これらの学びを通して、広く看護全般に活用できる精神看護学の知識・技術・態度を養うことを目的とした講義・演習・臨地実習を行っています。
統合分野 <在宅看護論>
備瀬咲都子
平田勝己
小林直子
 在宅看護論は、統合分野に位置づけられています。専門分野機Ν兇燃悗鵑栖霑壇知識・技術・態度を統合し、病院という施設内看護の場と、在宅という施設外看護の場における看護の違いや共通点を理解し、あらゆる人々の健康段階・健康課題などに対応できるよう統合的に学んでいきます。また、在宅看護の場の特徴や対象理解をするため、人々の多様化する生活や価値観、対象者の権利擁護、自己決定、ノーマライゼーション、他職種と連携・協働する中で、ケアチームとしての看護の役割やケアサービスにおける社会資源の活用方法、マネジメント方法など看護活動として理解でき、統合実践できるための基礎的能力が養えるようにしていきます。在宅看護論臨地実習では訪問看護実習だけにとどまらず、広く地域社会へも視野を広げ、多様な場で行う実習を取り入れ、見学・体験を通して学べるように、また生活者としての視点で在宅看護が実践できる基礎的能力を養うことをねらいとした学習ができるようにしていきます。
<看護の統合と実践>
志喜屋亮子
 看護の統合と実践は統合分野に位置づけられてます。専門分野機Ν兇燃悗鵑栖霑壇知識・技術・態度を統合し、広がる看護活動とその役割について理解できるようにしていきます。看護管理では、看護サービスのためのマネジメントする意味について理解でき、異文化を踏まえた国際支援の看護活動や他職種との協働などを学びます。看護と安全では、看護専門職者として、危険に気づく感性と事故発生時の対処など理解できるようにしていきます。災害看護では「災害」という特殊な環境下における看護活動について理解できるような基礎的能力が身につけられるように教授します。また臨床看護の校内実践では、臨床に近い体験をすることで、時間管理や行動の優先度の決定、複数課題への対応や状況に応じた判断ができる力を培っていきます。統合実習では看護専門職者としての総合的な臨床実践能力について理解を深め、実践能力が身につけられ自信を持って卒業できるようにしていきます。

那覇市医師会 那覇看護専門学校
〒901-0222 沖縄県豊見城市渡橋名289番地23
代表(事務局) TEL:098-850-8050

Copyright c 2005-2014 Naha Nursing School. All Rights Reserved.